世界が認める光触媒の優れた機能を十二分に活かし、強力な酸化作用で有害物質を分解し完全に封じ込めます

光触媒とは?
Point 光触媒作用=N型半導体なのです。
一言でいうと、「光触媒パーマシールド」に、太陽光・紫外線ランプ・白色蛍光灯等の光の中の「紫外線」が当たると光触媒の主成分二酸化チタンが働き「強力な酸化作用」が起きるのです。世界が認める環境浄化物質の期待の星(N型半導体)なのです。
Point 有害物質を分解します。(*NOx---HNO3/硝酸---窒素ガス)
この酸化作用は、NOx・SOx・ベンゼン・アセトアルデヒド・ホルムアルデヒド・TCE・アンモニア・硫化水素等、大気に含まれる有害物質を分解し無害化します。
Point メンテナンス費用の大幅削減が可能です。
汚れの原因の有機物なども分解しますので、セルフクリーニング(自浄)作用で汚れも付きづらくなり、清掃や殺菌義務などのメンテナンス費用の大幅削減が可能です。
光触媒
Point 殺菌・脱臭などにすばらしい効果があります。
水産加工工場・食肉工場・乳製品工場棟の壁や床に光触媒を塗布(コーティング)するとその周辺の雑菌がその強力な酸化作用で死滅しますのでカビも生えません。臭いも分解します。
※難分解性の悪臭対策は、別途ご相談承ります。
Point 長寿命商品です。
光触媒を塗布した後に「紫外線ランプ」を必要数設置します。室内では野外以上の長期間の酸化作用が期待できます。
Point 安全です。
「光触媒パーマシールド」は、もともと安全な二酸化チタンを用いていることと、基軸ポリマーの「リビングポリマー」が無害(日本食品衛生協会)な物質ですので安心です。
図表 日本食品分析センター「抗菌力試験」

 
特徴
Point 分子量が違います。
「光触媒パーマシールド」はその超高分子(100万分子量を持つ)三次元構造をしています。よって、ガスバリア性能(空気などの遮断)や水分を完全に遮断する性能に優れ「耐寒・耐熱(-50℃〜270℃)「耐塩」「耐アルカリ」「耐薬品」などに抜群の性能があるのです。
Point 自己崩壊要因の少ない世界で唯一の商品です。
「光触媒パーマシールド」には、酸化作用による自己崩壊要因が少ないので長寿命です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
酸化チタンは、紫外線(UV:400nm以下の波長の光)を受けると、そのN型の半導体の特性から値電子帯の電子が伝導帯へと励起(移動)されます。これにより、+の電荷を帯びた正孔(ホール)と−の電荷を帯びた電子が生成します。
この+と−の電荷が空気中の水や酸素と結合して水酸ラジカルなどオゾンや塩素よりも強力な酸化剤をつくることにより様々な有害物質を分解するのです。
Point HACCP対策(殺菌・除菌・防カビ・防汚・脱臭等)に一番!
Hazard Analysisi Critical Control Points、日本語訳は「危害分析重要管理点」で、「ハサップ」と発音します。米国NASAがアポロ計画の宇宙食の安全性確保を目的として食品品質管理プログラムを開発したのがこの思想の発端です。
食品の製造・流通の全ての行程で発生する可能性のある「危害」を分析し(HA)、その危害防止に必要な重要管理点(CCP)を設けてチェックする安全管理手法です。
細菌など危険微生物混入や異物混入などが回避できる優れた手法として、世界各国がこれを導入することを法的に義務づける方向にあります。HACCPを導入できない企業は、輸入も国内販売もできない状況になりそうです。
病原性大腸菌O157・サルモネラ菌などによる食中毒事件は、HACCPの思想がない企業が起こしたものです。光触媒導入によって、クリーンな環境を維持できます。
 
用途
大気関係
脱NOx(道路沿道、トンネル内)
脱SOx(道路沿道、トンネル内)
ホルムアルデヒドの分解(新築家屋)
水処理関係
有機塩素化合物等の難分解性有害物質の分解(地下水、上水)
着色排水の脱色(食品工場、皮革工場、繊維工場など)
防藻(ダム湖、水源地など)
脱臭・抗菌
アセトアルデヒドの分解(タバコ臭)
メチルメルカプタン、アンモニアの分解(排便臭)
大腸菌、レジオネラ菌、ハクセン菌などの抗菌、殺菌
防汚関係
(室内)タバコのヤニ、油の分解、タイルなどの防汚
(室外)ビル壁面、窓ガラス、防音壁、ガードレール、道路標示物などの防汚